ARiSCAN

© ARiSCAN All rights reserved.

ARiSCAN
利用規約

第1条(適用範囲)
1.本規約は、株式会社サニー情報システム(以下「甲」という)が提供する「ARiSCAN」(以下「本サービス」という)を、甲と本サービス利用契約(以下「本契約」という)を締結した個人又は法人(以下「乙」という)が利用する場合に適用するものし、乙は本サービスを利用するにあたり、本規約を誠実に遵守するものとします。
2.本サービスに関する個別の規約、 プライバシーポリシー 、その他本規約外における本サービスの説明等の諸規定(以下「個別規約」という)は、本規約の一部として適用します。なお、本規約の内容と個別規約の内容とが異なる場合は、個別規約が優先して適用されます。

第2条(利用登録)
1.本サービスの利用を希望する者(以下「申請者」という)は、本規約を遵守することに同意のうえ、甲の求める情報を甲に提供することにより、甲に対して本サービスの利用登録を申請します。甲が当該申請を承認したことをもって利用登録が完了するものとします。
2.申請者は、利用登録の申請にあたり、真実、完全、正確かつ最新の情報を甲に提供しなければなりません。
3.甲は、申請者が以下の各号のいずれかの事由に該当し、又は該当するおそれがあると判断した場合は、当該申請者の利用登録及び本サービスの利用を拒否することができるものとします。
①甲が第6条に定める条件を満たしていない場合
②甲に提供された登録情報の全部又は一部につき、虚偽の情報・誤記、不十分な情報、不正確な情報、記載漏れ、又は最新のものでない情報があった場合
③本規約に違反した場合
④本サービスと競合し得る事業を行う者である場合
⑤反社会的勢力等(暴力団、暴力団構成員、暴力団構成員でなくなったときから5年を経過しないもの、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋その他これらに類する者)である又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っている場合
⑥その他、甲が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
4.甲は、利用登録完了後、乙が前項の各号のいずれかの事由に該当することが判明した場合、乙の利用登録を抹消(甲が行う本契約の解除をいう。以下同様とする。)するとともに、以後、本サービスの利用を禁止することができます。

第3条(利用期間)
1.本契約の有効期間は、利用登録が完了した時点より1年間とします。以降は年単位で更新となります。
2.本契約は有効期間終了月の1ヶ月前までに甲に申請し、解約することができます。解約申請をしない場合は継続の意思があるとし、契約は更新となります。

第4条(サービス料金)
1.乙は、甲が別途定める料金表(以下、「料金表」といいます。)に従ってプラン料金(年間利用料)をサービス料金として支払うものとします。

第5条(サービス料金の支払)
1.乙は、甲に対し、第4条の料金を、指定の期日までに銀行振込で支払うものとします。指定の期日までにお支払いの確認ができない場合、本サービスの提供を直ちに停止することができるものとします。なお、振込手数料は乙の負担とします。

第6条(利用者の制限事項)
1.乙は、以下に掲げる行為は行ってはならないものとします。
①公序良俗に反する行為
②法令、本規約その他甲が定める諸規定に違反する行為
③甲、他のユーザーまたは第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
④甲、他のユーザーまたは第三者を誹謗、中傷する行為
⑤ライセンスキーを不正に使用し、または使用させる行為
⑥甲、他の利用者または第三者に不利益または損害を与えることを目的とした行為
⑦本サービスの全部もしくは一部を二次利用や再販する行為
⑧本サービスの運営を妨害する行為
⑨虚偽の登録を行う行為
⑩甲が承認していない本サービス内における営業活動またはその性格を有するおそれのある行為
⑪暴力的な要求行為や法的な責任を超えた不当な要求行為、及び取引に関して脅迫的な言動・暴力を用いる行為
⑫風説を流布し、偽計若しくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
⑬その他、甲が不適当と判断する行為
2.甲は、乙が第1項各号のいずれかの行為に該当することが判明した場合又は該当すると甲が判断した場合には、乙に通知することなく乙の利用登録を抹消し、本サービスの利用を拒否することができるものとします。

第8条(本サービスの中断・停止)
1.甲は、以下の何れかの事由に該当する場合、独自の判断により、乙に事前に通知することなく本サービスの一部もしくは全部を一時中断、又は停止することがあります。
①火災、停電、天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難な場合。
②その他、運用上あるいは技術上甲が本サービスの一時中断、もしくは停止が必要であるか、又は不測の事態により、甲が本サービスの提供が困難と判断した場合。
2.甲は、本サービスの提供の一時中断、停止等の発生により、利用者または第三者が被ったいかなる不利益、損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第9条(賠償責任)
1.乙が本規約に違反し、甲に損害を与え、又は費用を出捐させた場合、乙は、甲に対し、甲が被った損害及び出捐した一切の費用(通常損害、特別損害、訴訟費用、弁護士費用、信頼回復のために要した費用等を含むが、これらに限られない。本条において同様とする)の賠償義務を負担します。
2.前項のほか、乙の行為に起因して、甲が第三者からの請求に応じて損害賠償その他の支払い又は費用の負担を余儀なくされた場合、甲は、乙に対し、甲が被った損害及び出捐した一切の費用を請求できるものとします。

第10条(プライバシーポリシー)
1.乙による本サービスの利用に関連して甲が知り得る利用者の情報の管理および取扱いについては、甲が別途定めるプライバシーポリシーによるものとします。

第11条(利用状況の取得及び外部パートナーとの共有)
1.甲は、以下のことを行うために乙の利用状況を取得させていただきます。
①お客様に適したサービス等をご提供するため
②お客様からのお問い合わせに対応するため
③お客様にサービス等に関するお知らせをするため
④サービス等の改善および新たなサービス等を検討するため
2.甲は上記を行うために乙の利用状況を以下の外部パートナーと共有することがあります。
①甲の関係会社及び甲の事業をサポートするベンダーやサービスプロバイダ等
②甲と共同で調査・研究・分析を行っている研究機関
3.甲は上記の情報を取得及び活用するにあたり、乙のプライバシー情報の保護に最大限の注意を払います。
甲のプライバシーに対する考え方の詳細については、プライバシーポリシーを参照してください。

第12条(権利義務などの譲渡等)
1.乙は、甲の書面による事前承諾なく、本契約に基づく権利又は義務につき、第三者に対し、譲渡もしくは担保に供するなどの処分をし、又は引き受けさせることができません。
2.甲は、本サービスに係る事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本規約に基づく権利及び義務並びに登録情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、乙は、かかる譲渡につきあらかじめ同意します。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第13条(その他免責事項)
1.甲は、提供情報について、その正確性、完全性を保証するものではありません。提供情報の利用によって乙または第三者に損害が生じた場合、乙または第三者が被った損害について、甲は一切の責任を負わないものとします。提供情報の利用については、あくまで乙の責任と判断で行ってください。
2.甲は、乙が本サービスの利用に際し発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。ただし、甲の弊社の故意または重過失の場合は除きます。

第14条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。

第15条(合意管轄)
本規約に関して紛争が生じた場合、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条(協議)
本契約に定めのない事項、又は解釈に疑義の生じた条項については、甲乙間で誠意をもって協議し、これを解決するものとします。

第17条(本規約の改正)
甲は、本規約を任意に変更でき、甲が本規約の変更を乙に通知した場合、当該通知の効力が発生した時点で当該変更の効力が発生するものとし、乙はあらかじめこれに同意します。

株式会社サニー情報システム
代表取締役社長 中根 光章